恐怖の新人研修を思い出

お店の集客とスタッフの教育について

ずっと考えているのですが、

ふと昔受けた新人研修を思い出しました。

美容師になって日が浅く、1店舗目を退社し、2店舗目で働いてた時の話。

店長から

「そろそろ新人研修あるから頑張ってね」

と、言われた。

先輩方に新人研修について聞くと、どうやら死ぬほど大変。

2泊3日やったかな?記憶は曖昧ですけど、

研修中はほとんど睡眠が取れない。

熾烈を極まると言われた。

まぁ大変と聞いて参加すれば覚悟は出来るから余裕やと思っていたのですが、

実際、参加すると地獄のような研修だった。

その1つが

チラシ配り。

チラシ配りなんて余裕やんって思ったそこのあなた!

このチラシ配りは普通じゃないんです!

体育館みたいな広い場所で、

色んな会社のオーナーと幹部が行ったり来たり歩いてる。

そこに話しかけて自分のお店に来てもらうようにプレゼンをするという内容。



実際にチラシを配るのではなく、仮想チラシ配り。

これが地獄だった。

普通に

「シャンプーしますから私のお店に来て下さい」

と、話しかけると

フル無視!!

(はっ??何これ?このおっさん何無視してんねん)

と、思うも研修ということを思い出し、意図があっての事とすぐに理解しました。

気合いを入れなおし、

声を大きくし、

言い回しを変えて

再度トライ

チラっとこちらを見てくれた。

でも再び無視して歩きだす。

ちなみに

研修参加してる人数は100名はいたと思う。

歩いてるオーナー連中は5名ほど。

私が声かけしたのは100名いた中でも、先陣に入るスピードだったので5名ぐらいしかチャレンジしていなかった。

ぶっちゃけめちゃくちゃ恥ずかしかった。

100名が見てる前で大声でチラシを渡す演技をして、無視される。

想像以上に恥ずかしい行為。

ただ、人数が多いからこそ先にクリアしないと大変なことになると想像できたので、

果敢にトライを続けた。

そうしてると、他の大多数もこれはヤバイ!!と感じたみたいで

トライし始めた。

ここからが地獄。

5名に対して100名以上群がると

押し合いへし合い。

ライバルを押しのけたり、肘を使って攻撃したり。

ただ、私は序盤からトライしていたのでなんとか混戦になる前にクリアできた。

まぁ、そんな事を思い出していました。

その時はほんと無駄な研修やなと思いましたし、まぁ一皮剥くには必要な研修やったかなと終わってからは思いましたが。



今では逆に

あの勢いと気迫をもって、チラシ配りをすれば誰でも売上なんか作れるのだろうなって思い返していたんです。

どの職種でも通用するシンプルな方法。

歩いてる方に並走しながら猛烈にプレゼンをする。

もちろん煙たがる人もいるし、警察ざたになる可能性もある。

それでも

必ず熱意に負けて来店してくれる人がいてる。

こうやって地道にコツコツ必死で街中で声をかけていけば、どのサービス業でも必ず成功すると思う。

美容室はもちろん、車屋さんや不動産でも一緒。

名刺とチラシを持っ、必死に1人づつプレゼンしていけば結果は必ず出ると思う。

ただ、ここまで出来る人っていてないんやろな。

私自信も研修では結果を出したけど、街中でそんなことをしたことないし、しようともしたいとも思わない。

でも、売上を作る、数字を上げることだけを考えたら

実は単純で簡単に誰でも出来る方法ってあるなと思う。

やるかやらないか!

多くの人はそんなことしてまでやりたくないっていうのが本音だと思うし、私もそうです。

でも、何もしないで売上なんか上がらないし、結果も出ない。

自分が続けられる事を必死で頑張らないと成功なんかしない。

その頑張りすら間違った方向だと意味がない。

それがわからないようなら

街中に立って必死でプレゼンするしかない!!

ラッキーパンチもあるけど、

楽して成功するなんてほんと一握り。

死ぬほど行動して、考えてを繰り返してやるしかないよなと

昔のことを思い返していました。

きっとこれは

今読んでる

「破天荒フェニックス」に感化されたんでしょうね。

やる気スイッチが入ったのでまた今日から頑張ります。



メニュー
カット     ¥3240
カラー     ¥6480
パーマ     ¥7560
縮毛矯正    ¥12960
トリートメント ¥5400
おすすめセットメニュー
トリートメント+ヘッドスパ        ¥5400
カット+トリートメント          ¥6480
カット+カラー+トリートメント      ¥10800
カット+パーマ+トリートメント      ¥11880
カット+縮毛矯正+トリートメント     ¥15336
ご予約・お問い合わせ
    

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする