【絶対マネしてはいけない】衣料用ブリーチを髪の毛につけると髪の毛は明るくなるのか!?

美容室で使うブリーチも衣類を漂白するブリーチも同じブリーチ

ってことは髪の毛に使ったらめっちゃ抜けるんじゃない??

そんなアホみたいなことを思いついたので早速実験!!!

(マネしないように!)

まぁかしこい美容師さんはタイトルだけどうなったかすぐにわかったと思います。

ダイソーで買った漂白剤。

制服の白衣を洗うのに使っています。

これを髪の毛たっぷりつけてみたいと思います。

つけてものの数秒で泡が出てきました。

おや?これはめっちゃ抜けるんちゃう??

そんな悠長なことを考えていました。

30分放置。

結果は

全く明るくならず。

片方は普通にブリーチしました。

衣料用ブリーチをつけた方は大変なことに!!!!!!

明らかに髪の毛が短くなってる!!!

そう!!

溶けたのだ!!!!

ヤバすぎる!

全く脱色はされていませんが、髪の毛は溶けて短くなってしまいました。

このまま何も考えずに

もう1つ実験を!

美容室のブリーチと混ぜたらどうなるんだろう??

ここでケミカルが得意な美容師さんならピンっときたはず。

このヤバさに!!!!!

私はまだ気付いてませんでした。

とりあえず混ぜるとこうなります。

めっちゃアワアワに。

それだけなら良いのですが、鼻を刺すような刺激臭が同時に発生!!!!

これはあかんやつ!!!!っと思いすぐに流しました。

まぁ書いてますよね。

塩素系!につき酸性タイプ混ぜるな!有毒発生しまっせ!と。

なんとなく雰囲気だけで実験したら危うく大惨事になるとこでした。

では、おさらいしていきましょう。

今回使ったのは衣料用ブリーチ塩素系です。

これは次亜塩素酸ナトリウムが主成分となります。

つまり何かというと

パイプユニッシュなどでパイプのつまりを髪の毛やこびりついた汚れなどを溶かして除去する成分ということ。

そりゃ髪の毛溶けます。

全く成分を気にせず、同じブリーチなんだから髪の毛も明るくなるんじゃね?

と、中学生もビックリするような安易な発想で実験。

危うく有毒ガスで体調を壊すとこでした。

衣料用ブリーチは名前こそ美容室のブリーチと一緒ですが、絶対髪の毛につけてはいけませんよ!!!!!

髪の毛が溶けるだけではなく、頭皮も被れてハゲちゃいますからね!!!!

使用上の注意は良く読みましょう!!!

メニュー
カット     ¥3240
カラー     ¥6480
パーマ     ¥7560
縮毛矯正    ¥12960
トリートメント ¥5400
おすすめセットメニュー
トリートメント+ヘッドスパ        ¥5400
カット+トリートメント          ¥6480
カット+カラー+トリートメント      ¥10800
カット+パーマ+トリートメント      ¥11880
カット+縮毛矯正+トリートメント     ¥15336
ご予約・お問い合わせ
    

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする