携帯ショップが続々潰れていることについて

今日は全く美容とは関係ないけど、ちょっと思ったことを書いてみよかなと。

皆さん、スマホの新規契約ばかり割引して継続している顧客を大切にしないスマホ会社に不満ってないですか??

私はあります。

顧客を大切にしない会社は荒廃していくと思っていますが、私より数倍頭が良い大手企業のスマホ会社がそうしないということはきっと継続顧客を優遇しないで、新規客ばかりを優先する方が売り上げが立つのでしょう。

でも、現状みてみると

携帯ショップは減ってるみたいですね。

「キャリアショップ」の調査によると

2018年5月 8341店舗

2019年2月 8173店舗

168店舗も減っています。

ほとんどがフランチャイズなので正直、結構な方がしんどい思いしてるということ。

じゃななぜこんなことになったのか?を調べてみると

「販売インセンティブ」と「継続インセンティブ」があるらしいのです。

「販売インセンティブ」

端末が売れれば数千円、新規回線1万円などのバック

「継続インセンティブ」

通信料の数%がお店の売り上げ

あとは「目標インセンティブ」などもあり、目標達成すればボーナスが出ます。

そりゃあ新規契約を勧めますよね。バックが圧倒的にデカいですから。

でも個人的な見解で言えば

継続顧客をしっかり囲い込み、FCに対してもバックを大きくするようにすれば、長い目でみた時にはプラスになると思う。

まず継続顧客のバックを大きくすることにより、携帯ショップは顧客を大切に扱うようになります。サービス内容も向上するでしょう。

結構、携帯ショップの店員の態度が悪いなどは話に聞きます。

サービス向上することにより、継続顧客離れが起きにくくなり、携帯ショップの売り上げが作れるようになります。

更にはサービスが良いということで新規客が増える。

単純に考えてもメリットしかないと思うんですよね。

新規客を獲得するために、安売りで釣ろうとばかりして結局は自分の首をしめているようにしか思えない。

割引があるからつい割引がある方に移ってしまうけど、それってもっと安いとこがあれば移ってしまうってこと。

そうなれば結局、バックがあってもあまりプラスにならなくなってしまう。

どのサービス業にも言えることやけど、価格で勝負するのはほんとしんどくなると思う。

携帯ショップは昔からみんな言っていたことなのに、こうやって潰れてるのが答えなんじゃないのかな?

charmでも昔は大幅な新規割引ばかりをしてきましたが(顧客0人からスタートしたから)、今思えばほんと失敗だったなって思っています。

顧客を大切にするスタンスで少しづつでも確実に増やす方が良い。

と、今回はちょっと違う業種にメスを入れてみました。笑

メニュー
カット     ¥5400
カラー     ¥6480
パーマ     ¥7560
縮毛矯正    ¥16400
トリートメント ¥5400
おすすめセットメニュー
トリートメント+ヘッドスパ        ¥6480
カット+トリートメント          ¥8640
カット+カラー+トリートメント      ¥12960
カット+パーマ+トリートメント      ¥12960
カット+縮毛矯正+トリートメント     ¥19440
ご予約・お問い合わせ
    

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする